wp再インストール(涙)

再インストールの前にアップした全ファイルを削除しました。
その後、気になっていたデーターベース(MySQL)に関しまして
o6asanさまにどう対処したらいいのかお聞きしたんです。
TOYPARKでは”phpmyadmin”と言うのがインストール済みでそれを使えばデータベースを触れると言うことらしいです。(ありがとうございます)

http://www.toypark.in/phpmyadmin/

でログイン。

そこでエクスポートでバックアップしておけば良いですとのことだったのですが
私が先走りまして、サクッと削除してしまいました(涙)
折角教えて下さいましたのに、頼りないことです・・・。

一応ページは保存してたのでまあエエか・・・(ページ数が多かったら悲惨ですね)

真っ新?の状態からインストールです
これは前回経験していますし、必要なファイルの書き換えもしていますので
頼りない私のネット接続環境ではアップロードに時間が掛かることを除けば、案外楽勝?
そうそう、インストールするディレクトリ名が長かったので短めに”wp”にしました。
その時は何も考えなかったんですが、urlが変わってしまいますね、お馬鹿です(涙)
そんなことで、ルートの初めのindex.htmlにMETAダクを書き入れて、勝手に飛ぶようにしたんです。

動作確認のため、保存しておいたファイルから書き込みを拾い出して
投稿してみました、管理画面も正常ですし、書き込みも正常です。

他の画面を確認していましたらホームページのurlに関して設定があるようです。
どんなんかなぁ~?と見てましたらリンクが有りましてん。

http://wpdocs.sourceforge.jp/Giving_WordPress_Its_Own_Directory

を参考にやってみました。

管理パネルで 設定 > 一般設定パネルを開く。
WordPress のアドレスはそのままで
ブログのアドレス欄にルートディレクトリの URL (TOYPARKなら)

http://ユーザー.toypark.in

↑を入れました、どうも最後の”/”は必要ないみたい、と言うか、例に倣っただけです。

「変更を保存」 をクリック

WordPressをインストールしたディレクトリにあるindex.phpと.htaccessファイルを
サイトのルートディレクトリへコピーするのですが、とりあえずローカルに保存。
“パーマリンク設定を使っていない場合、htaccess ファイルは存在しません”らしいです。
と言うことで、私の場合存在しませんでしたので、index.phpのみです。

落としてきたindex.php ファイルを編集です。
私の場合修正前は
require(‘./wp-blog-header.php’);
インストールしたディレクトリが”wp”でしたので
修正後は
require(‘./wp/wp-blog-header.php’);
としました。
そのファイルをルートディレクトリにアップです。

これでurl

http://ユーザー.toypark.in/

でWordPressが表示されました。
なんか変な感じです・・・・そのうちにえらい目に遭うかも?

Comments are closed.